新築住宅設備完全ガイド|つけて良かった!おすすめランキング
住宅設備選びの悩みを解決し、納得いく家作りを応援するサイト
家づくりの予算設計

どのくらいお金がかかる?

あなたが欲しい住宅設備、希望する間取りや建材など。決めれば決まるほどワクワクしてきますね。だけど、いつまでに?いったい何に?どのくらいお金がかかるのか?よくわからないものですよね。

そのまま打ち合わせを進めた結果、「予算オーバーしてしまった!」なんてことも、よく耳にします。そのなことにならないために、家づくりの予算設計についてわかりやすく説明します。

お金に関する心配事を取り除いて、家づくりを楽しみましょう!!

注文住宅を建てる際にかかる費用の内訳 予算の決め方 予算オーバーしないために、できること 住宅設備や建材の種類を仕様書で確認する 繰り上げ返済を利用して返済期間を短くする 注文住宅を建てる際にかかる費用の内訳

家づくりで予算オーバーしないためには、新築住宅を建てるにあたってかかる費用全般を考えて予算を立てましょう。

家づくりの総費用は、

1)建物本体の工事費用
2)建物本体以外の付帯工事費用
3)その他諸費用

の3つで構成されています。

でも、ポストに投函されているチラシにはご注意ください。
多くの場合、広告などで住宅の価格として表示されている「坪単価」は建物本体の工事費用のみ。

「坪単価」に延床面積をかけて算出できる金額も、あくまで建物本体の工事費用の目安となることがほとんど。他にかかる費用がいくらくらいになるのか、事前に担当者に確認するといいでしょう。

だいたいの予算配分はこんな感じです。

引越し

1)建物本体の工事費用

さて、「建物本体の工事費用」とはいったい、何が含まれているのでしょう。

大きくは、

  • 基礎工事
  • 屋根工事
  • 外壁工事
  • 建具工事
  • 内装工事

などが挙げられます。

予算を立てる時は、一般的には「建物本体の工事費用」が総予算の70~80%以内におさまるようにするとよいと言われています。

2)建物本体以外の付帯工事費用

そして、「建物本体以外の付帯工事費用」は、建築会社が専門の工事会社に発注する工事のことで、古屋の解体や地盤改良、そして外構工事費のことを指します。

詳しく言うと、

  • 地盤改良工事
  • ガス水道電気引き込み工事
  • 電話など通信回線の引き込み工事
  • 冷暖房工事
  • 外構工事
  • 照明・カーテン工事

など。

引越し

この「建物本体以外の付帯工事費用」は、一般的には総予算の15%~20%ほどを占めると言われています。付帯工事は、敷地の条件や計画内容によって結構増減する場合があるので、少し余裕を持って予算設計を立てておきましょう。

3)その他諸費用

「その他諸費用」は、建物の工事費以外にかかる、地盤調査費や建築確認申請費などのこと。

もう少し詳しく言うと、

  • 建築確認申請・検査などの手数料
  • 登記費用
  • 銀行ローンの手数料や保証料など
  • 火災保険
  • 引っ越し費用

などが挙げられます。

この「その他の諸費用」は、一般的には総予算の5~10%ほどを占めると言われています。

また、設計事務所に依頼する場合は、設計費用が別に必要になることがあるので、お気を付けくださいね。なお、この費用に関しては、現金で用意する必要があるので、早めに担当の方に確認しておいてください。

ページトップへ戻る